怖いのは勘違い!薬物とは違い気分が高揚するキマルことはない

怖いのは勘違い!薬物とは違い気分が高揚するキマルことはない

CBDオイルの怖い点として挙げられるのは、キマルことかもしれません。

キマルと気分は高揚し気持ちも良くなりますが、その一方で中毒症状を引き起こす可能性あります。

その結果薬物の依存症と同じ状態になって、やめたいのにやめられないなるかもしれないと思われています。

しかし前提として覚えておきたいのは、CBDオイルでキマルことはないということです。

違法な薬物とは違い、吸引しても気分が高揚するキマルことはないです。

依存性も非常に低く、やめたいと思ったらすぐにやめられます。

実際に使っている人のなかにも、日常的に使う人もいれば身体に疲れを感じたときなど、必要なときだけ使う人も多くいます。

違法な薬物とは違いサプリメントの一種とされていますから、自分でコントロールが可能です。

意思に反してつい使ってしまったり、やめたら離脱症状が出て再び手を出してしまったという依存性はないので、安心できるでしょう。

世間一般には依存性があると思われ怖いイメージも持たれていますが、知れば知るほど安全性が高いと気付かされるはずです。

美容や健康のために飲むサプリメントと同じ感覚で、CBDオイルも身体が疲れたときなどに気軽に使うことができます。

CBDをやめるとどうなる?離脱症状などはないので安心

長く飲酒をしてきた人がアルコールを一切取らなくなると、手が震えたり不安を感じたり、幻聴が聞こえたりします。

これらは長年摂取していたアルコールが、体内からなくなってしまったから起きる離脱症状です。

アルコールと同じような離脱症状は違法な薬物でも起こり、一部にはCBDでも起きるのではないかと不安視する声もあります。

しかし結論から述べると、CBDをやめても離脱症状は一切起きません。

キマルと呼ばれる気分が高揚する作用は一切なく、向精神作用がないことも認められています。

サプリメントや健康食品として流通している安全性の高い成分ですから、やめるときの心配はないでしょう。

ですから軽い気持ちから試してみたものの自分に合わないと思ったら、すぐにやめることができます。

依存症や中毒といった状態にはならないとされているので、自分の意思ですぐにやめられます。

アルコールやタバコは、依存症になると自分の意思だけではどうにもなりません。

やめたいのにやめられないと言った依存症の患者さんは多く、大きな問題となっています。

それらに比べたら離脱症状もなくすぐにやめられるCBDは、非常に安全で気軽に試せるサプリメントと言えるでしょう。